低温期 長い

低温期 長い

低温期の長いと、排卵機会を少なくするため、妊娠の機会が少なくなります。ここは基礎体温を上げ、長い体質を改善する方法を掲載しているぺーじです。

ふるさと納税 ランキング > 低温期 長い

低温期 長い 原因

低温期から高温期へは大体14日前後で移行します。
しかし、生理サイクルが39日以上、年間通して数回しか生理がない場合(稀発月経)、自ずと長い体質になります。

低温期が長い原因は体内が冷えている事。主に冷え性ですね。
ここでは、冷え性や低温期が長い体質を改善する方法を掲載しています。

低温期 長い 排卵

冷え性の状態は、低温期を長くさせ、卵巣の機能も低くなっている状態なので、排卵機会も少なくなります。妊活中の場合は、体の状態を整える必要があります。

低温期は妊娠の中でもとても重要な時期ということもあり、あまり過度な運動はできません。

ですので、食事、入浴、衣類など、普段の生活面を工夫して体の外側、内側から体内温度を高くしていくことが血行を良くし、低温期が長い体質を改善することにつながります。

最近ではこのようなことを『温活』とも言います。

※温活入浴剤「薬用ホットタブ重炭酸湯」


10錠入り1,080円~

ぬるめのお湯で体の芯まで温まります。
冷えでお悩みの方や、妊活中の方に。

寒さでお悩みの方【温活365】

低温期 長い 改善

【食事面】
基礎体温を上げる熱性食品には、主にニンニク、生姜、牡蠣、栗など、様々な食品が挙げられます。

中でも効果的と取り上げられるのは、生姜、特に『乾燥生姜』。

生姜には体温を上げる作用があるものの、体深部の体温の上昇までは期待できません。
しかし、乾燥生姜には、体の深部を含む全体に体温の上昇効果があります。

これは、健康番組、『ためしてガッテン!』でも実験され、『ウルトラ生姜』として話題になりました。

ご自宅にある生姜を薄くスライスし、室内であれば1週間、外であれば一日天日干しすることで乾燥した生姜を作ることが出来ます。

乾燥生姜はサプリでも摂取できます。

低温期 長い トップへ戻る