乳がん検診

乳がん検診

乳がん検診をお考えなら。神戸市、大阪市といった全国の病院毎に乳がんの費用や検診プランを比較できる使いやすい病院情報サイトの紹介。乳がん検査費用例や方法についても掲載しています。

乳がん検診 時期

乳がんにかかる患者数は、近年若年化している傾向にあります。早ければ20代の方で。30代が急に増え始め、40代でピークになります。

乳がんは女性が最もかかりやすいガンとされており、日本人の2人に1人にガンになるといわれている時代ですから、とても他人事とは思えません。

また、ガンはリンパ節に転移する前の早期発見により、その後の生存率が7~9割なのに対して、転移後の生存率は5,6割、ステージによってはそれ以下になることからも、早い内から乳がん検診を受けたほうが良いといえます。

乳がん検診 費用

ご自身の命にかかわることですし、しっかり乳がん検診を受けたいという方が多いと思います。費用は50,000円~と考えておくと良いでしょう。

乳がん検診は基本的にマンモグラフィ(X線撮影)、乳腺エコー(超音波検査)、視触診で行われます。

近年、マンモグラフィのかわりにポジトロン断層法(PET)と呼ばれるコンピューターでの断層撮影方法を用いる病院もあります。撮影方法は何か、単体で検診を済ませるのかで必要費用はだいぶ異なってきます。

《費用例》
マンモグラフィ、超音波検査、視触診
⇒約50,000円

PET撮影の場合
⇒10万円~20万円

ただし、予約した検診時期によっても費用が変わってきたり、病院によっては上記費用例よりも安い費用で乳がん検診ができる場所もあります。マンモグラフィ、乳腺エコーなどは単体だと約5,000円で検診を受ける事もできます。

下記は全国の人間ドック・がん検診の予約情報や費用を調べることができる、MRSO(マーソ)という病院検診予約サイトです。マーソでは、各検査の説明やプランの違いを分かりやすく説明しています。費用面が心配でも、先ほど説明したように安いプランがある病院も有りますので、お近くの病院プランを一度ご参考下さい。

MRSO


乳がんになりやすいタイプの傾向として、初潮の時期が早い閉経が遅い、出産したことがないといった女性ホルモンに関連する原因があげられます。

しかし、このような事はご自身でコントロールしようにも中々ムズカシイものがあります。ですので、最低限しておきたいのは、日々の生活習慣の中に潜んでいる危険因子を減らすということ。

乳がんは生活習慣を見直すことでも発症率を下げることが出来ます。

【乳がんの危険因子】
・喫煙
・飲酒
・動物性脂の過剰摂取
・運動不足

身に覚えはありますか??

今後の人生のためにもお酒は控え、脂の摂取を減らして緑黄色野菜を摂るように心がけましょう。適度な運動も大切です。気分転換のウォーキング程度から初めて見ると良いでしょう。

ご自身の意思だけで禁煙がムズカシイ場合は、電子タバコのような禁煙グッズやお薬を使う手もあります。

電子タバコを始めるなら、イータバコの【eRollスターターキットスペシャル】

乳がん検診 トップへ戻る