いざ!ふるさと納税を!、と考えたが・・・具体的にどこで、どうやってやるのー?、ってなります。
今は大抵のことがネット上で出来る事は分かっていますが、ここではそんな疑問をお持ちの方に、私がたどった経緯をご紹介します。

ふるさと納税申込と支払方法

1)地方自治体に直接連絡して申し込み自治体の指示に従ってふるさと納税(寄付)を完結する。
 ふるさと納税をしたい地方自治体が決まっている場合に有効です。
2)ネット上で次の項で示す、ふるさと納税代行サイトの公式ホームペイジに入り、ふるさと納税の申込と支払を完結する。
 今はこうした「 ふるさと納税代行サイト 」を利用するふるさと納税者(寄付者)が殆どらしいです。

名前の知れた公式の「ふるさと納税代行サイト」

1)ふるさとチョイス
  ・株式会社トラストバンクが「ふるさとチョイス」のサイトを運営している企業です。
  ・全国1,788自治体とふるさと納税代行契約をしている最大のサイトだと思う。
  ・ふるさと納税に慣れた人は、使いやすいさいとではないでしょうか。
  ・安心度高い

2)さとふる
  ・ソフトバンクグループのSBプレイヤーズ株式会社の子会社である。
  ・ふるさとチョイスに比べると、ふるさと納税代行契約地方自治体数が少ない。
  ・ふるさと納税に関する説明が初心者にも分りやすく説明されていて断トツで分りやすい。
    ふるさと納税に関する知識は全てがこのサイトで分る!と云っていいと思う。
  ・初心者に最も使いやすいサイトだと思う。
  ・安心度高い。
  ・お礼品の発送代行もしている。

3)ふるなびグルメポイント
  ・ふるなびを運営するアイモバイルが運営している。
  ・ふるさと納税代行契約地方自治体数が4程度と少ないが、自治体への寄付がポイント制になっており、レストラン等の飲食店でそのポイントを使用できる。

4)ふるなび
  ・アドネットワークなどを運営するアイモバイルが運営している。
  ・ふるさと納税代行契約地方自治体数が約50ほどと少ない。
  ・多数の家電の返礼品へ寄附申込することができる。
  ・商品券や金券の返礼品を扱っているが、総務省の指導で減少している。

5)楽天ふるさと納税
  ・楽天市場で有名な楽天が運営している。

6)ふるさとプレミアム
  ・株式会社ユニメディアが運営する。
  ・自治体数が少ない。

7)ふるぽ
  ・JTBが運営する。
  ・お礼品の発送代行もしている。

8)ANAのふるさと納税

>9)ふるさとスマイル

お勧めの「ふるさと納税代行サイト」は

さとふる
ふるさとチョイス
ふるなび

 
私は「さとふる」を使っていますので、たのサイトは詳しい使い勝手についての知識がありませんので、参考程度にとどめてください。

2018年1月19日