「 株式会社さとふる 」は、インターネットでふるさと納税(地方自治体への寄付)ができるサービスを行っている会社ですね。

従来の寄付方法とは異なり、「さとふる」内で寄付先の自治体・特産品の選定から寄付の申し込み、寄付金の支払い(クレジットカード決済)までワンストップで行えるのが特長ですね。

ソフトバンクグループの会社で、本社は東京都中央区にあります。

株式会社さとふるのコンセプト

1)ふるさと納税をより気軽に、より簡単に利用できるプラットフォームを提供する

2)地方自治体の活動を支援することで、地域活性化を促進していく

だそうです。

コールセンターの目的・利用方法

ふるさと納税をしたい人が、ふるさと納税をスムーズに行えるようにと、
「 さとふる 」には、コールセンターが設置されていますよ。

1)ふるさと納税が初めての人でも安心して利用でき、説明をうけられる

2)ふるさと納税制度や手続き方法などのについて問い合わせができる

3)受付時間: 平日午前10時から午後5時まで

4)コールセンター電話番号 03-6896-1881

ふるさと納税考察

ふるさと納税の注目度があがるにつれて、さまざまな問題点も出てきているようです。

例えば、

1)地方創生を目的に地方が行う事業を、寄付金で支援するといった、本来の目的が薄れてしまって、いかに豪華なお礼品を用意するかに奔走している。

2)地方に寄付して応援すると云うよりも、効率的に、少しでも高価な豪華なお礼品をもらうことが目的になっている。

3)ふるさと納税をすることで住民税が減額されるため、ふるさと納税をする人から注目されるお礼品(特産品など)を持たない自治体は税収が減少してしまう。

4)自治体は他の自治体よりも良いお礼品を出そうとして、還元率が増して赤字になってしまう事もある。
などなどです。

自身の、ふるさと納税限度額+2,000円を寄付すれば、

5)2,000円の自己負担で、ふるさと納税限度額分は税金(所得税+住民税)から還付・控除される

6)そのうえ、ふるさと納税をした自治体からは、お礼品が戴ける

といった、良い制度でもあります。
ふるさと納税をする私達も、初心にかえって寄付する事の意味を思い直すのも良いかと思います。