ふるさと納税は一年中できます。
でも住民税の減額や所得税の払い戻し( 税金の控除 )を受ける場合は、納税した日が大切になります。

納税確定日はふるさと納税先が入金を確認した日です

これは、ふるさと納税先からお礼品が届き、しばらくすると、寄付を証明する「受領書(寄附金受領証明書)」が送付されてきます。
この寄附金受領証明書に記載されている受領日が、貴方の納税が確定した日付となりますよ。
仕組み

ふるさと納税の期限はあるの?

ふるさと納税は一年中できますから、期限はありません。
良く期限があると云われるのは、1月1日から12月31日までに、行ったふるさと納税の合計額が、次の二つの税金から按分されて安くしてもらえるからです。

1)今年支払った所得税から一部返金される(税務署から、所得税の還付をうけると云います)

2)市・区・町・村から、来年度の住民税が減額される(控除されると云う)

この意味で来年度の住民税や、今年支払った所得税を返してもらうためには、12月31日という、寄附金受領証明書に記載されている寄付金受領日が、ふるさと納税の期限とも云えます。

詳しい説明

確定申告とか、給与所得者が対象の確定申告不要の「 ワンストップ特例制度 」とか、耳慣れない用語が出てきます。
しかし、実際にやってみると言葉の難しさとは違って簡単ですよ。
詳しくは次のサイトの「 ふるさと納税とは 」の欄を見られると良いですよ。
分りやすく説明されています。

こちらからどうぞ⇒ さとふる
2017年12月12日