ふるさと納税の、人気お礼品の一つに「 お米・新米 」があげられています。
棚田で作られたの「コシヒカリ」の無洗米もありました。
生産者の御話では、お米は、直射日光のあたらない、風通しのよい冷暗所で保存するのが良いそうです。
米

人気のお米

● 新潟県阿賀町 寄付金額10,000円 新潟県奥阿賀産こしひかりの平成29年度産10kg  

 奥阿賀地区は、新潟県東部の山間地域なんですねー。

きつねの嫁入り行列や、SLばんえつ物語号の路線地で、温泉地としても人気のようです。

山間部特有の厳しい寒暖の差によってモチモチとした食感と甘さが特徴のお米で、現在JAL国際線のファースト&ビジネスクラスの機内食で使用されているそうです。

● 新潟県弥彦村 寄付金額10,000円 平成29年新潟県産・新米】
「伊彌彦米」 特別栽培コシヒカリ10kg(5kg×2袋)

弥彦村の農家が農薬・化学肥料を50%以上減らして育てた「コシヒカリ」なんだそうです。

日本の原点とも云われる里山の風景・・・ゆたかな自然のなかで作られるお米なんでしょうねー。

● 佐賀県みやき町 寄付金額10,000円 無洗米食べ比べ
さがびより2kg×2袋》
コシヒカリ2kg×2袋》真空パック       

味よし、香りよし、冷めても美味しい「さがびより」は7年連続 特A評価だとか。
霊峰天山の麓、標高400~600mにある棚田で綺麗な湧水とともに栽培された「コシヒカリ」を、手間いらずの無洗米にされたそうです。

食味を落とさないように精米後、水を使わず空気の力で表面についたヌカを丁寧に磨きあげているそうです。

さらに精米したての美味しさを保てるように2kgずつを真空パックにしてあるそうです。

あとがき

ベトナムに旅行していて良く目にするのは、ご飯と麺類を良く食べておられる風景です。

しかも、私達からすると凄い!、とおもう量を食べておらます。

お米を食べないと” 力が出ない! ”そうです。

 たしかに、炊き立ての御飯は、ふわふわで甘くて美味かったー・・・田舎で暮らした子供の頃の食卓を思い出します・・・。

パンなどの手軽な食材に目がうつります・・・米を、ご飯を食べる習慣を忘れてはいけなんですねー・・・食育のうえでも・・・。