私は中年男ですが「 イチゴ 」大好きです。
今年2018年度のふるさと納税額(寄付金 )の計画には、必ず「 イチゴ 」を返礼品としている自治体をいれます。
イチゴ狩りのイチゴよりも、安心ですしねー・・・。

今日初めに紹介するイチゴ

イチゴ
   ●画像はイメージです。

玉名市横島町産いちご(約280g×4パック)       
[熊本県玉名市]寄付金額10,000円

自治体からのメッセージ

寒暖の差が激しい冬に、ゆっくりと時間をかけて熟した玉名市横島町産のいちごです。
甘みと酸味のバランスが絶妙です。
地元生産者たちが築き上げてきた栽培技術によって丁寧に育てられたいちごです。
熊本県玉名市横島町はその昔、海に浮かぶ小さな孤島でした。
せいしょこさんこと、加藤清正公の干拓工事によって海を埋め立て作られた肥沃な平野で育てられるいちごは、土地柄、冬の冷え込む夜の寒さに耐え、暖かい昼に太陽の光をいっぱい浴びて、ゆっくりと熟していくんだそうです。

自治体からのお願い・注意事項

1)品種など
●さがほのか・紅ほっぺなど、いずれか1品種、その時期の旬のおいしいイチゴをお届けします。
●品種や個数の指定はできません。

2)「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

他の自治体のイチゴ返礼品例

とちおとめ 4パック セット       
[栃木県那須塩原市]寄付金額10,000円
人気の「とちおとめ」ですねー。
那須の澄んだ空気と清らかな水で育てられたとちおとめは、甘さと酸味がほどよく混じりあった逸品だとか。
有機質肥料(米ぬか)を使って味にこだわり、安心・安全ないちごを生産しているそうですよ。

あとがき

 イチゴや桃などデリケートな果実は、届いた時には傷んでいて、「 ガッカリ 」て事が有ります。
御礼品だしクレームを云う訳にもいかないと思うし、ジレンマですね。
自治体側も気を付けておられると思うので余計に残念に思う事があります。
kawainou